文字中心のコンテンツ作り:姫路 ホームページ制作、SEO対策の集客キング・マックスコンサルティング

文字中心のコンテンツ作り

画像を利用してホームページを作ると、コンテンツの修正や追加に、大変な手間がかかります。

Aさんのホームページを分析してまず目に付いたのが、「画像」主体のホームページだと言うことでした。プロの業者に作ってもらっているのですが、その人が「デザイン重視」で作ったため、ほとんどの文字を「画像」で作っているんです。

見た目はお洒落なんですけど、修正するのにかなり手間がかかる形になっていて、ちょっとコンテンツを修正すると「はい、修正費用30万円、也」みたいな世界でした。

一方、「画像」を使わないで「テキスト(文字)」中心に作れば、10万円もあれば、そこそこのホームページが作れます。

そして「テキスト」ベースで作れば、Aさんのようなホームページの「素人」でも、あとで自分でコンテンツの修正・追加が可能だと言うわけです。

もし、あなたの会社のホームページが、Aさんと同じように、

・自分で修正できない、

・お金がかかる、

・アクセスが少ない、

・画像利用でお洒落だけど商売につながらない、

と言った悩みをお持ちなら、今までのホームページとは別に全く新しくホームページを立ち上げる事をお勧めします。(ちょっと勇気がいるかもしれませんが・・・。)

商売に繋がるホームページは文字(テキスト)から

画像や音がもてはやされたのは、一昔前の話です。画像や音が多用されたホームページは、ダウンロードするのに時間がかかるので、「本当のプロが作った優秀なサイト」でもない限り、ほとんど喜ばれません。

お客さんは画像を見にくるのではなく、「自分の欲しい情報」を探しにくるのです。

そしてその情報を提供するには、画像ではなく、「豊富な文字(テキスト)情報」で提供するのが一番なのです。

 

繰り返しになりますが、「おしゃれなデザイン」を重視して「画像」を駆使した中身のないホームページを作るよりも、「テキスト(文字)」中心で、お客さんに喜ばれる情報をたくさん提供しましょう。

情報量と、売上が正比例すると思って頂いて結構ですから。

 

さて、それでは続いて具体的なコンテンツ制作のポイントについてお話ししていきましょう。

情報提供型のホームページ

まずは、お便りをご紹介します。

「う~ん、なるほど、こう出来たのか、いいじゃないですか」

満足しているのは出来上がったホームページだけではない、出来上がるまでのスタッフの方の対応や、的確なアドバイス、わからないことは納得の行くまで説明をしてくれたこと、メールと電話でのやりとりで、良くここまでの作品を作ってくれたな~と感心をしております。

なぜあきばれさんに頼んだのか? それはやはり「プロとしての自信」を感じたからです。作ったホームページは実践で活躍できて初めて価値の出るもの、そのことを判っておられたのでお願いしました。

制作中に大きな山がありました。それは「客観的に見るとどのような表現になるか?」という問いかけでした。

自分の言いたいこと・表現したいことは出てくるのに、「客観的」に見られないことが大きなテーマとして残った。「人の顔はよく見えるのに、自分の顔は見えない」ということで、思索の上、大転換で解決した。ホームページの構成を見ていただければ判る人には分かるでしょう。

さてこれからが本番である、どのように使いこなすかで価値は高まっていくでしょう。

(有限会社デコ代表 佐々木小太郎さま http://www.c-deco.jp/)

佐々木さんはカーテンショップを経営されていて、「ファッションカーテン」という新しいカーテンの概念を広めようと、日夜努力されています。

上記のホームページにアクセスされると分かりますが、一般的なカーテン屋さんの

・「商品画像オンパレード」のホームページ

ではなく、

・「お客さんが必要な情報」を

・「お客さんの立場」で提供する

・「情報提供型」のホームページ

に仕上がっています。

我々はこうした「情報提供型のホームページ」を多くの会員さんにお勧めしています。

確かにこうしたホームページは、「文字が多く」て「お洒落度にかける」ため、好き嫌いが別れます。「お洒落な写真」をたくさん使って、「それらしい」コンテンツを作るのが、今の「はやり」のホームページですから。

しかし私の経験からすると、写真のオンパレードのホームページは

・「商品紹介型」のホームページ

になりがちです。

そして商品紹介型のホームページの場合、商売につなげるのが非常に難しいのです。。

優秀な営業マンと同じアプローチ

営業成績の良い営業マンは「商品の紹介」をする前に、「お客さんの悩みの解決」や「お客さんのニーズを満たす」ためにどうすれば良いかについて、お客さんに色々な話をします。

まずは「お客さんの悩みを解決するための情報」を最初に提供して、お客さんの信頼を勝ち取った後に、初めて商品の紹介をすると思います。

ホームページも同じ事。

いきなり商品紹介から始めても、なかなか物は売れません。

あなたのホームページにアクセスする人は、

・あなたの「商品」を買いに来ている

訳ではありません。

商品を買いに来ているのではなく、

・自分の「悩みやニーズ」を解決する「情報」を収集する

ためにホームページにアクセスしているのです。

従ってこうしたニーズに応えてあげないと、アクセスした人はあなたのホームページに興味を失って、すぐに別のサイトに移動してしまいます。

まずは

・「お客さんの悩みやニーズ」を解決する「情報」を提供する

ことによって、アクセスした人の気持ちを掴みましょう。

アクセス者に役立つ情報を提供して、

・このホームページは、役に立ちそうだ

と思ってもらいましょう。

「このホームページは役に立ちそうだ」と思ってもらって初めて、商品の紹介に興味を持ってもらえるのです。

この順番を間違えるとなかなかホームページでは反応が取れません。

実店舗を補完するホームページ

ところで「お客さんに豊富な情報を提供する」と言っても、実店舗で行えることといったら、

・営業マンが説明する

・分厚いパンフレットを作る

と言った手段しかありませんので、コスト面や手間の面で、なかなか実現するのが難しいのが現実です。

しかしチラシや広告に「情報をたくさん掲載する」のは難しくても、「ホームページアドレスだけを掲載」し、詳しい情報はホームページを参照してもらうことは可能です。

パンフレットやチラシといった紙の資料で、「豊富な情報」を提供しようとすると、印刷コストや配布コストが馬鹿になりません。でもホームページであれば、簡単にこうした情報を提供できます。

またホームページで情報を事前に提供しておくと、後で営業マンが訪問した際にも、説明がずっと簡単になるという効果もあります。

こうした意味で、

・ホームページを、実店舗の営業活動を補完する

「情報提供チャネル」に仕立て上げる

というのは、非常に有効な戦略です。

 

以上、ホームページのコンテンツとして、「お客さんが喜ぶ情報の提供」が重要だということがお分かり頂けたことと思います。

ぜひ、ホームページにお客さんが喜ぶ「情報コンテンツ」をたくさん用意していって下さい。

ホームページ診断無料

SEO対策 集客 売上 見込み客

初めての方へ

SEO対策 集客 売上 見込み客知人や友人にホームページを作ってもらったけど全然効果が無かったとお嘆きの方へ。ホームページは従来には無かった新しい広告メディアですのでウェブ戦略から集客への導入など専門知識を必要とします。だから思うような効果が得られなかった理由が必ずあると思います。集客キング・マックスコンサルティングはあなた専属のウェブ集客コンサルタントです。初めての場合何かと不安があると思いますので、まずはどんな些細な事でもお気軽にお問い合わせフォームからお問い合わせください。お困りごと・お悩み事の解決方法を一緒に考えていきましょう!>>つづきはこちら

お客様の声紹介

SEO対策 集客 売上 見込み客

営業エリア

兵庫県/神戸市/中央区/灘区/東灘区/長田区/須磨区/垂水区/北区/西区/三田市/宝塚市/川西市/篠山市/三木市/小野市 /尼崎市/芦屋市/明石市/伊丹市/西宮市/姫路市/西脇市/豊岡市/加古川市/加西市/加東市/相生市/赤穂市/朝来市/淡路市/市川町/宍粟市/たつの市/丹波市他

AD

集客キングのラインスタンプ

SEO対策 集客 売上 見込み客

↑ PAGE TOP

SEO対策 集客 売上 見込み客